So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今月の一冊「お坊さんのための仏教入門」 [今月の一冊]

正木晃「お坊さんのための仏教入門」

 死者供養・先祖供養を仏教の立場から強く肯定する珍しい一冊。「仏教は本体死者供養や先祖供養を説かない。葬式仏教が仏教をだめにしている」と力説する現代の風潮に真っ向から反対する。著者の正木晃は筑波大で学び、専門はチベット・密教。 
 仏教は葬儀から始まった、というタイトルから本書は始まる。
 釈尊は自分自身の遺骨を残し仏塔に祀るように指示している。それは『大パリニッバーナ経』、中村元の訳書で言えば『釈尊最後の旅』に書かれていることで自明のことだ。さらに『増一阿含経』には「父母を度すべし」と書かれ、この時代の仏教に父母供養、先祖供養の思想が既に芽生えていたことがうかがえると指摘する。
 葬儀も儀礼も仏教にとって不可欠と正木は語り、そこには東日本大震災で僧侶が「死者供養」に大きな役割を果たしたことを指摘し、そこから「被災地の幽霊」(104頁)「お迎え」(121頁)の話へと展開する。
 また、霊力を否定する現代の仏教は哲学思想になってしまい、それ故に仏教本来が持つ魅力を失ってしまっていると指摘する。なぜ哲学思想になってしまったのかと言えば、西欧が理想とする仏教学の影響を、日本仏教が大きく受けたからで、合理的な説明を良しとする現代日本仏教に疑問を投げかける。
 その投げ掛けの中で重視されるのが「鎮魂」「供養」「回向」だ。鎮魂とはマイナスに沈んだ魂をプラスマイナスゼロにすること、回向とはさらにプラスに引き上げることと、第一生命経済研究所の小谷みどりの言葉を引用しながら、「哲学」や「思想」では救えない魂を語る。(102頁)。一方、鎮魂や回向の必要になるのは「定力」「仏力」であるという。それらは修行によってのみ得ることのできる力だ。
 引き続いて「罪障ふかき中有」という沢庵和尚の言葉をバックにして、「ありとあらゆる宗教の原点とも言える死者供養、鎮魂儀礼が、近代仏教が否定してきた祈禱に類する行為が、いままさに必要とされているのです。いかに幽霊を成仏させるのか。これこそ喫緊の課題にほかならないのです」。(111頁)と熱く語る。
◎春秋社 1890円

…………………………………………………
仏壇店に行ってみようhttp://www.butsudan.kogeisha.com/
鎌倉花寺巡りhttp://www.kamakura.kogeisha.com

「象鼻付電気ローソク(コード式)」ヒカリ産業(東京) [新製品]

「象鼻付電気ローソク(コード式)」ヒカリ産業(東京)
リーズナブルな価格と使いやすさが好評
発売から約40年以上のロングセラー商品
都市型仏壇にも最適 同シリーズから新色・白が登場

ヒカリ産業(東京/代表取締役・尾崎義成)は、象鼻付電気ローソクを製造、全国の仏具問屋に卸売をしている。同製品は、一本立・二本立、サイズは大(高さ約20センチ)、小(高さ約17センチ)、カラーは茶・黒・金の三色、四月、新色の白が登場。神棚、後飾壇にも最適。そのほか、毎日灯、プラスチック製の仏器膳、角型香炉、リン棒受台、茶台も製造。特注にも対応、金型から製造可能(日本製・PL保険加入済)。同社のホームページは六月リニューアルされた。
ホームページhttp://www.butsugu-rousoku.com 
※最寄りの仏壇仏具店でお求めください

hikari.jpg
象鼻付電気ローソク(コード式)
新色・白・小二本立て(ヒカリ産業)



http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


夏季限定販売「蚊よけシリーズ」 蚊よけシリーズ匂袋型 新色の藤色は好評につき完売 京都鳩居堂 東京鳩居堂 [新製品]

京都鳩居堂、東京鳩居堂の「蚊よけシリーズ」の匂袋は、定番の「藍色」に加え、新しく「藤色」が発売された。同製品は蚊の多い時期のお墓参りにも最適な「蚊よけ線香」(1700円+税)をはじめ、 外出時の携帯にも便利な「蚊よけ匂袋」(藍色・藤色/価格1000円+税)、最高品質の老山白檀を使用し、奥深い香りをお楽しみ頂ける「蚊よけ香・渦巻」(価格1300円+税)、「スティック」(価格700円+税)の四種類。用途やお好みに合わせてもお選び頂けるよう、ラインアップも充実。
※「藤色」は好評につき、今季完売致しました。
◎京都鳩居堂 TEL〇七五(二三一)〇五一〇 FAX〇七五(二二一)五九八七
◎東京鳩居堂 TEL〇三(三五七一)四四二九 FAX〇三(三五七四)〇〇七五  


kayokeko.jpg
蚊よけ匂袋・蚊よけ香


http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


「箔押体験学習者が約千人に達する」 金沢仏壇商工業協同組合 [業界短信]

 金沢仏壇商工業協同組合(池田典明理事長)は、様々な事業を展開している。同組合では、毎年、金沢市内の小学校十数校で体験学習を実施。金沢仏壇の製造工程、箔押しの体験を行い、これまで、約千人の児童が学んだ。
 また、石川県をはじめ、北陸地方では伝統的工芸品として漆塗り仏壇の産地であったが、十数年前より消費者が都会に出て、後継者がいなくなり、農業をしている家庭の大きな仏壇処分に困っている。そのような声が同組合に多数寄せられ、仏壇の持ち主がいなくなった仏壇を引き取り、職人の手で解体する取り組みを始めた。仏壇の日の三月二十七日に真宗大谷派(金沢別院)で営む仏壇法要で、廃材の一部を持ち込んで供養し、持ち主を招待することを検討している。


kanazawa.jpg
体験学習(箔押しの体験) 金沢仏壇商工業協同組合



http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで



第三十三回仏壇供養会 彦根仏壇事業協同組合  彦根仏壇事業協同組合青年部 [業界短信]

彦根仏壇事業協同組合(宮川孝昭理事長)、彦根仏壇事業協同組合青年部(井尻一茂青年部部長)は六月十四日に彦根市内の天寧寺境内において仏壇供養会を開催した。
 今回は古くなった仏壇二十七本をはじめ、仏具類が入った段ボール箱約三十箱が供養された。僧侶の読経の中、青年部のスタッフが点火し、参会者は焼香、合掌した。近年、家の新築や買い替えなどで仏壇、仏具の処分に困る人が増加しており、2009年からは組合青年部が有料で引き取りを実施している。

hikone.jpg
第33回仏壇供養会(彦根仏壇事業協同組合・彦根仏壇事業協同組合青年部)


http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


祈りや合掌の大切さを伝えたい 新しいポスターを三種類制作 広島仏壇卸商組合 [業界短信]

 広島仏壇卸商組合はこのたびポスターを作成した。同組合は加盟店が九社、ポスターは五百部作成。組合加盟店の店頭・店内を中心に掲示し、祈りや合掌のある日常の大切さを啓蒙していく。ポスターは三種類あり、母と娘が並んで合掌しているもの(カラー写真を使用)、仏壇の前で子供が三人並んで合掌しているもの(イラストを使用・広島仏壇卸商組合の加盟店を掲載)、慶び事には「朱ろうそく」でと題して、朱ろうそくの啓蒙を促すポスター。
 中村嘉文組合長(広仏社長)は、「宗教用具市場は半分以下となり仏壇店にとって深刻な状況となっていますが、仏壇の必要性をどれだけの人が知っているか? それを小うるさく言ってきた戦前生まれの世代の方も多く亡くなられ、仏壇は、生きていく上で不可欠なもの、子供の情操教育の上でどうしても必要なものであることを、訴えなければと思い、今回、ポスターの制作に至りました。組合加盟店だけにとどまらず、全国の仏壇仏具店とも知恵を出し合い、互いにデータを共有し、イメージアップ・啓蒙の和を広めてゆきたい」と話す。

taisetu.jpg
ポスター・大切なものがたり(広島仏壇卸商組合)

shu.jpg
ポスター・朱ろうそく(広島仏壇卸商組合)

gasho.jpg
ポスター・合掌力(広島仏壇卸商組合)




http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


「PRAY for(ONE)」小さな祈りプロジェクトin清水寺 [業界短信]

「PRAY for(ONE)」小さな祈りプロジェクトin清水寺
京都の清水寺で「祈り鶴」の法要とワークショップを実施

「PRAY for(ONE)」小さな祈りプロジェクトin清水寺が六月十三日、京都市内の清水寺円通殿において開催された。同プロジェクトは「PRAY for(ONE)」を合い言葉に暮らしの中にある「祈り」を伝え、祈りの普及で祈りがより身近な行為へと変化することにより新しい祈り文化の構築と優しい社会づくりを目的にしている。今回は、そのシンボルである「祈り鶴」の普及事業として、清水寺のご協力により、当山において普及祈願を営むことになった。第一部は清水寺本堂内陣にて「PRAY for(ONE)祈り鶴普及成功祈願会」を行った(参列者約二十五名)、第二部は圓通殿にて保志康徳氏(一般社団法人PRAY for(ONE)代表理事)、小堀賢一氏(全日本宗教用具協同組合理事長)がそれぞれ挨拶、蟇田吉昭氏(一般社団法人PRAY for(ONE)理事)の趣旨説明、森清顕師(清水寺執事補)の講話、参加者全員(約七十名)の祈り鶴ワークショップ、森清顕師と参加者全員による諸願成就法要が行われ、最後に参加者全員の記念撮影で幕を閉じた。同プロジェクトの今後の展開に大きな力を与える一日となった。

kiyomizu.jpg
参加者全員で記念撮影 「PRAY for(ONE)」小さな祈りプロジェクトin清水寺



http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


宗教工芸新聞2016・7月号主要タイトル [タイトル]

宗教工芸新聞2016・7月号主要タイトル

▼秋季展示会予定表・秋季展示会案内

▼2014年工業統計表「宗教用具」
 2013年対比で出荷金額微増

▼好評連載
お経物語「轉法輪」「密教法具を知る」
辛口エッセイ「常世のつぶやき」
佛壇店実録日記「佛檀店劇場の人々」
「月刊・冨田珠雲」「心に響く接客」
「温京知新」「アートフラワーの世界」
「日蓮宗のお仏壇のお祀り」
「仏壇店のためのお墓のいろは」

▼都市型仏壇特集
都市型仏壇時代に対応する提案力を
▽ずゞや(高松)▽熊木(東近江)
▽八木研(大阪)▽佐々木陶器(多治見)
▽遠誠(大阪)▽森正(徳島)
▽アルテマイスター/保志(会津若松)
▽京愛(群馬)
▽こもりコーポレーション(東京)
▽丸喜(京都)▽丸玄工芸(静岡)
▽都市型仏壇販売最前線

▼仏壇店だより
▽ほこだて仏光堂 仙台泉店(仙台)
▽米永仏壇(金沢)
▽日本の心 聖蹟桜ヶ丘店(東京都多摩市)

▼熊本地震 その時仏壇店は
▽千寿(熊本・鹿児島)
▽輪島漆器仏壇店(熊本)

▼商業統計表(東京都区市郡)

▼仏事コーディネーター資格取得者を訪ねて
▽Aやすらぎセンター JA仏壇館(愛知県大府市)

▼新商品紹介
▽携帯用板卓に「欅調」登場 ルーツ(大阪)
▽「蚊よけ線香」 京都鳩居堂 東京鳩居堂
▽「象鼻付電気ローソク」 ヒカリ産業(東京)



http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで




会津のかたち展in横浜 厨子屋が出展 [業界短信]

東北の小さな城下町・会津若松で「ものづくり」を行う企業三社が集まり合同の展示会「会津のかたち展in横浜」を六月九日から十一日まで、横浜市内のぎゃらりー彩光で開催した。出展企業は厨子屋、ギャラリー凛、坂本コレクション。厨子屋はアルテマイスターオリジナル商品「人と木」、ギャラリー厨子屋の祈りのかたちの商品を多数展示。期間中は多くの参会客が訪れた。


aidu16.06.jpg
厨子屋の展示コーナー(会津のかたち展in横浜)



http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで

八女の伝統工芸品展開催 [業界短信]

八女の伝統工芸品展が六月一日から五日間まで、アクロス福岡で開催された。八女福島仏壇、八女提灯をはじめ、八女の工芸品との共同で行われた。
 会期中は日替わりで実演と体験を実施したが、匠の技が見られて、体験が出来るとあって、毎日大勢の人で賑わった。今回会場には予定なしで福岡県知事がお見えになり、八女福島仏壇をじっくりご覧頂き、体験コーナーで子供たちと一緒に木製貯金箱つくりをされた。仏壇の展示に関しても、今回は本物志向の伝統的工芸品、現代的な小型の仏壇を展示したが、それぞれお客様の目にとまっていたようだ。特に小型仏壇の問い合わせが多く、会期終了後には産地に来られたお客様もいた。二次製品のコーナーも人気があり、蒔絵の商品は予約の注文も入り、就労相談も受けていた。職人不足に悩む中、ひとりでも職人を目指して頂く事は有難いが、現職人の仕事の減少により、引き受け先がないのが現状である。


yame16.06.jpg
金具の体験コーナー(八女の伝統工芸品展)
前の10件 | -
メッセージを送る