So-net無料ブログ作成

仏壇公正競争規約・南米材も本紫檀に?文化的に言えば東南アジア材。 [業界情報]

仏壇公正取引委員会が進めている
公正競争規約には品質表示、産地表示が含まれます。
現在の作業としては発起人会が3月上旬に結成されたのと平行して、
品質表示、産地表示についての内容についてガイドラインを作るための
ワーキンググループが活動をしています。

経済産業省のページの中には
このワーキンググループの活動と討議内容が資料と共に掲載されていますが、
紫檀の表示に関しては次のような意見が出されています。

紫檀のなかでも、価格が大きく異なる場合は、
消費者にわかるようにする必要。
そこで、パイオン(Dalbergia cochinchinensis)、
ココボロ(Dalbergia retusa)、
キングウッド(Dalbergia cearensis)は
希少価値が特に高く、価格も非常に高いので、「本紫檀」。
ホンジュラスローズ(Dalbergia stevensonii)、
チンチャン(Dalbergia oliveri)は
パイオン等より価格は低いがやはり希少価値が高いので、
「上紫檀」としてはどうか。

パイオンが従来言われてきた本紫檀なのですが、
ここでは希少性と価格を元にして南米材である
ココボロ(Dalbergia retusa)、キングウッド(Dalbergia cearensis)と
本紫檀に含めようとしています。

歴史的に言えば、本紫檀はDalbergia cochinchinensisのことで(ほぼ)、
わざわざここで「パイオン」という現地名にすること自体が
とても違和感があります。

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/seisan/butsudan_wg/002_giji.html

興味のある方は上記ページでご確認を。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
仏壇店に行ってみよう
http://www.butsudan.kogeisha.com/
鎌倉花寺巡り 
http://www.kamakura.kogeisha.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

はが

コチラの新聞、一般人でも購入できるのでしょうか?
読み物として興味あるので、購入したいのですが
by はが (2017-01-24 00:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る