So-net無料ブログ作成

自然のリサイクルを取り入れた エコ神事として注目される「古祠焼納祭」開催 早川産業(中津川)が協力 [業界短信]

御神木の里として知られる護山神社(岐阜県中津川市)で五月三日、古祠焼納祭が開催された(今回で二十三回目を数える)。
 当日は好天に恵まれ、全国から集まった神棚約二百有余とお札やお守りが手篤く供養された。早川産業(中津川)が協力。
 同神社は伊勢神宮の遷宮の折に御神木を奉納する神社として知られており、平成十八年より同神社の例祭として取り上げられ、年を追うごとに多くの人に認知されるようになった。
「岐阜県産の桧を用いた神棚が、同神社において焼納されるのは誠に感慨深いものがあります」と同行事に協力している早川産業の早川社長は話す。
 この神事では清灰奉還(きよめばいほうかん)の儀式があり、宮司が焼納した灰を土に返して樹木の再生を祈るなど、伝統的なしきたりの中に環境に考慮した場面が見られ、自然のリサイクルを取り入れた神事は全国でも珍しい。
 古くなった神棚の供養をどこに依頼すればいいのかという声が毎年多く寄せられており、全国に裾野が広がることが期待される。


hayakawa3.jpg
神棚・神具のお焚き上げ(古祠焼納祭・護山神社)

hayakawa2.jpg
清灰奉還(古祠焼納祭・護山神社)



ttp://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る