So-net無料ブログ作成

「新盆見舞」キャンペーン 日本香堂(東京) [香り新製品]

「進物」最需要期のさらなる盛り上がりを期待、「新盆見舞」キャンペーン2017始動

日本香堂(東京)が推進する「新盆見舞」キャンペーンが今年も6月上旬からスタートした。同キャンペーンは2012年に始まり、宗教用具業界に確固たる市場を築いている。以前は、新盆は知っていても「新盆見舞」まで知る人は少数派であり、新盆見舞の提案は新鮮な気づきになった。「新盆見舞」の意味を知ることで、共感度、贈答意向度は大きく広がることがアンケート調査で鮮明にされ、弔意を表すお中元の需要創出に大きな期待がかけられるようになった。

「新盆見舞」キャンペーン テレビCMは今年も俳優の中村梅雀さんを起用

同社調査によれば、40代以上の生活者において「新盆」の言葉も意味も知る人は全体の八割を超えるものの、「新盆見舞」についてはほぼ半減(44%)、贈答経験者も僅か15%にとどまるが、「新盆見舞」の存在を知り意味を理解した後には、◇お中元の送り先が新盆の時は、「新盆見舞」に代えた方がよいと思う(34%)◇身内でなくとも、親しい間柄ならば「新盆見舞」を贈るべきだと思う(48%)と、贈答意向が高く跳ね上がり、市場ポテンシャルの大きさを窺わせる結果となった。
「新盆見舞」キャンペーン、テレビCMには今年も俳優の中村梅雀さんを起用、年齢・性別を問わず視聴者の多くは高い好感度を示しており、「好感の持てるCM」「心が温かくなる・優しくなれる」「〈人を想う〉心に感動」「〈習慣の価値〉再発見」「新盆見舞のお線香、実践したい」などの声が寄せられている。

「新盆見舞」キャンペーン 専門店向けのおすすめ進物用線香 

専門店向けのおすすめ進物用線香は、本物志向のお線香でさりげなく伝える弔慰の気持ち。

▽「司薫 ( しくん ) 進物 二種香(白檀・沈香)8箱入」品質の良い香木にこだわり、希少な香原料を厳選して用いた奥ゆかしい香木の香りの逸品。販売価格10000円(税別)
▽「特撰淡墨の桜 桐箱 5把入」悠久の時を生きた「淡墨の桜」をイメージし創り上げた、コンパクトサイズのご進物。販売価格3000円(税別)
▽「毎日白檀香・沈香寿山 二種香揃え 桐箱4把入」コンパクトサイズのご進物。販売価格10000円(税別)など、そのほか、幅広い価格帯の商品が揃っている。
※最寄りの仏壇仏具店でお求めください
http://www.nipponkodo.co.jp

nipponkodo2.jpg
日本香堂のホームページから

15.jpg
特撰淡墨の桜 絵ローソクセット(日本香堂)

16.jpg
銘香芝山 絵ローソクセット(日本香堂)


http://www.butsudan.kogeisha.com
仏壇店に行ってみよう
http://www.kamakura.kogeisha.com
鎌倉花寺巡り
宗教工芸新聞に関してのお問い合わせは kogeisha@gb3.so-net.ne.jp まで


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る