So-net無料ブログ作成
宗教工芸新聞平成21年7月号 ブログトップ

ありがとう音 山口久乗(高岡) [宗教工芸新聞平成21年7月号]

様々なバリエーションのおリン製作で、音の世界を広げるのが山口久乗(高岡)。二〇〇七年に発表された「オトノスイッチ」は平成二十年度富山県優良観光土産品推奨制度・民工芸品部門で「富山県観光連盟会長賞」に選ばれ、富山のおみやげベストセレクションとなった。
 山口久乗のおリンはQjoブランドとしても知られるようになっているが、新たにQjoブランドに加わったのが「ありがとう音」。
 この「ありがとう音」は二寸のリンで、おリンとしては独特のお鉢型。革紐を付けた球形のヘマタイトでリンを鳴らす。 また、おリンの敷布には手織り麻ブランドとして知られる中川製の袱紗が付けられている。この袱紗は天然草木染めで花萌木・生平・灰桜・水浅葱の四種類がある。

yamaguchikyujo.jpg

最寄りの仏壇仏具店にお問い合わせ下さい
宗教工芸新聞2009年7月号掲載
小社HP「仏壇店に行ってみよう」
http://www.butsudan.kogeisha.com

「沢山のありがとうろうそく」  丸叶むらた(桶川) [宗教工芸新聞平成21年7月号]

丸叶むらた(桶川)はこのたび「沢山のありがとうろうそく」を発売した。同商品は紙箱にミニサイズのローソクが三十六本入っており、一本一本「ありがとう」の文字がプリントされている。芯色は全六色、花柄は全十二種類。亡き人やお世話になった人など日々の感謝を込めて灯していただければと同社村田社長は話す。同社の人気製品「川の流れのように」と共にTBSラジオでCM放送を予定(八月から)。

marukou.jpg

最寄りの仏壇仏具店にお問い合わせ下さい
宗教工芸新聞2009年7月号掲載
小社HP「仏壇店に行ってみよう」
http://www.butsudan.kogeisha.com

宗教工芸新聞平成21年7月号 ブログトップ
メッセージを送る