So-net無料ブログ作成

宗教工芸新聞 縁付箔の艶押し(2015年8月号連動企画) [金箔] [編集] [金箔]

kitajima01.jpg

使われる縁付金箔。

kitajima02.jpg

箔下の生漆を塗り、拭き取りを始める。
押す面はすでに呂色をとってあり、
光沢面となっている。
この光沢が艶押しにとって重要。

kitajima04.jpg

生漆を拭き取りながら伸ばす。

kitajima05.jpg

蛍光灯がそのまま映り込むほど拭き上げる。

kitajima03.jpg

縁付け箔を押し始める。

kitajima06.jpg

押している間にも光沢艶が出てくる。

kitajima07.jpg

真綿で軽く押さえると、
まるで黄金の鏡。

北島仏壇製作所(美川/石川)


宗教工芸新聞 縁付箔の重押し(2015年8月号連動企画) [金箔] [編集] [金箔]

matumoto.jpg

箔下塗料を塗り、伸ばして行く。

matumoto01.jpg

箔下塗料を拭き取り始める。

matumoto02.jpg

さらに均一に伸ばす。

matumoto04.jpg

縁付け箔を押して行く。


重押しで仕上げるためには、
押す面が多少艶消しであること、
箔下塗料の拭き取りの加減で多少残す、
ことが必要になる。


松本仏壇製造所(八尾)


宗教工芸新聞 縁付箔の箔目(2015年8月号連動企画) [金箔]

kinpaku_enzuke02.jpg

京仏壇の箔目。縁付け箔の重押し。
和紙目が見え、箔の華が出ている。
(加茂定・京都)


kinpaku_enzuke04.jpg

川辺仏壇の縁付箔の箔目。
箔下塗料を拭き取り、縁付箔を押しているので、
縁付け箔特有の和紙目が見えている。
(古市美人仏壇店・川辺/南九州)

宗教工芸新聞 断切箔の箔目(2015年8月号連動企画) [金箔]

kinpaku_tachikiri.jpg

断切箔(金箔)の箔目。
箔下塗料を塗布後(吹き付け)、
拭き取らずにそのまま箔を押した場合の仕上がり。
金仏壇の箔目としては最も一般的。
メッセージを送る